読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

角部屋のすみっこ

つぶやきにも満たないひとりごとを書くための場所。

武士道シックスティーン

八月がもうじき終わる。
今年の夏は有意義に過ごせていただろうか。
勉強、インターンシップ、サークル、バイトなど大学生らしい生活をしつつも、自分が入学前に掲げた目標からちゃんとブレずにやってこれているか。
そのチェックは今日に限らず、日々自分に問い続けている。
大学生の肩書もあと二年半しかないことに時折焦りを感じることもあるが、すでに歩んだ一年半にやってきたことを思い返せば自然と心のざわつきも落ち着く。
精一杯やってきた時間は心の支えであり、自信であり、原動力でもある。
残りの二年半もあとから振り返ってそう思えるような日々を送りたいなぁって切に思う。

 

 

こんなことを考え始めるのは今に始まったことではなく、いつもきまって、ある本の背表紙を見たときだ。

自室の本棚の右端にある『武士道シックスティーン』のことである。さっき何気なく開いたらまた全部読んでしまった。

読み進めていくうちに初めて読んだ中学生のころを思い出してきて、なんとも懐かしい気持ちになった。


武士道シックスティーン誉田哲也が書き下ろした青春小説。(余談だが誉田哲也さんの作品で唯一誰も死なないお話である)
主人公の女子高校生二人が剣道を通じて成長する物語。以下あらすじ。

3歳から鍛錬を積んできた剣道エリートの磯山香織は、横浜市民秋季剣道大会で同学年の無名選手(西荻)早苗に負けたことが忘れられず、その選手を追って剣道の名門・東松学園に入学する。再会した因縁の敵・西荻早苗はほぼ実績ゼロ、剣道は楽しむのがモットーのお気楽少女だった。失望しながらも強引に引っ張っていこうとする香織の姿に、次第に早苗は引き込まれていく。一方、香織も普通の16歳を生きる早苗を通して今まで経験してこなかった世界を知るようになる。

 

本作は、香織と早苗の二人の視点を交互に描いていく構成となっている。

勝つことしか考えてなかった香織と、父親の事業失敗という経験から勝負に対して否定的な早苗。全く接点のなかった二人が剣道を通して出会い、その過程で様々な困難や壁にぶつかる。

この何とも言えないザ・青春!って感じがたまらなく好きだ。

読み終わった後の爽やかな感じは中高で部活の経験がある人にはとくに分かるはずだ。

 

この本を読み返して気づいたことなのだが、香織や早苗が抱える問題に対する答えが思いの外簡単であるように感じた。

もちろん単純でも大切なことを説いているし、「言うは易く行うは難し」である。自分も当時は同じように年相応の悩みを持っていたので、この主人公たちの心情に共感したものである。

読み返してみて"簡単"に感じたのは、読み手である今の自分も年相応に変わったからなのかなって少し思った。

 

 

人間は年とともに成長していくが、年を追うごとに知識、経験が邪魔となり、素直に見る目を失っていく。
まぁそれも実際仕方ないことなのだ、知識や経験は精一杯生きていれば嫌でもついてくる。
そうして周囲が少しずつ変化し、その中にいる自分もまた周りに合わせ少しずつ変わっていく。

そんな目まぐるしく変化し続ける日常の中で変わらないものを持ち続けるのはとても難しいことだ。
今でさえ、日々のことに追われてつい忘れそうになることがあるくらいなのに。

いかに自分自身をしっかり見つめ、正しくとらえられるかが今後よりいっそう大事になってくるだろう。

 

「剣道は、剣道……。それ以上でも、以下でもないんだよ。もし大きかったり、小さかったりするんだとしたら、それはやってる人間の、魂の大きさなんだと思う。」

 

…そうっすねぇ、僕ももう少し大きな魂を持つひとになりたいです、はい。

 

f:id:Mentsuyu:20160901095139j:plain